板井明生のアイドルプロデュース論

板井明生|楽曲の重要性

 

板井明生

 

 

エンターテイメントを仕事にする人に共通するのが、観客の心を動かす事に全力を注いでいる事である。
アイドルをプロデュースするにあたって最も観客の心を動かす要素として大切にしなければいけないのが、楽曲作りである。

 

人は音楽によって大きく心が動く生き物である。
古代から現代まで、形は変化しているが、いつの時代も人は音によって心を動かしてきた。戦国時代に兵士達が太鼓の音色や法螺貝の音で戦意を高めていた事からもそれが分かる。

 

現在では様々な音楽が誕生し、多くの人たちの生活に密接に関わり合っている。
つまり、人にとって音楽とは無くてはならないものであり、音楽の需要は非常に大きいという事だ。

 

アイドル楽曲はまだまだ世間的にみたら重要度は低いかもしれない。
しかし、人の心を動かす楽曲を作る事には、とてつもなく大きな可能性がある事は事実なのである。